第48回JAA奨学金・第12回本庄奨学金
授与晩餐会開催
コレマツ女史が伝えた父の言葉
「DON'T BE AFRAID TO SPEAK UP」


Photos by Masao Katagami
6月6日(水)午後6時から、市内ハーバードクラブで「第48回JAA奨学金・第12回本庄奨学金授与晩餐会」を開催しました。キーノートスピーカーには、1月30日ニューヨーク市に「市民の自由と憲法を尊守するフレッド・コレマツデー」制定に尽力したフレッド・コレマツ インスティチュート代表のカレン・コレマツ女史を迎え、来賓には橋礼一郎在NY日本総領事、川村泰久国連大使夫妻、MUFG Union Bank N.A. 三森雄一氏、三菱インターナショナルのジェイソン・スティーブン社長、 俳優・活動家ジョージ・タケイ氏、デニス・チン司法長官、第2巡回控訴裁判所判事、授与者、受賞者とその家族、JAA会員など134人が参加しました。

今年は、五味和洋NTTアメリカ社長と村瀬悟JAA副会長が奨学金制度委員長を務め、足達洋六キヤノンUSA会長CEOが委員に加わりました。

授章式は五味委員長の司会で、スーザン大沼会長の歓迎の挨拶、橋大使の祝辞で始まり、カレン・コレマツ女史の基調講演が行われました。カレンさんは、高校生の時に父フレッド・コレマツ氏の活動を知り、最初は日系人からも村八分を感じたが、教育を受けるに従い、父親の活動を理解することが出来て行ったと話され、最後に受賞者へ父の言葉「DON'T BE AFRAID TO SPEAK UP」 が、贈られました。
食後は、この秋から大学に進学する16人の学生に総額7万6000ドルの奨学金と3枚の航空券(ANA日本往復航空券2枚、デルタ日本往復航空券)が、そして、5人の大学院生には本庄国際奨学財団より総額3万ドルの奨学金が授与されました。今年から「ジョン・美代子デイビー奨学基金」から5人の学生に各5000ドル、105歳で長寿を全うされまして伊藤治男さんの伊藤治男奨学金、難波達治奨学金各5000ドルが加わりました。
受賞者を代表して、富川宗次博士賞を受賞した青木みのりさんと本庄賞を受賞したステファン・チョイさんがが将来への抱負と感謝の気持ちを述べました。
最後に村瀬悟JAA奨学金制度委員長が、来賓、寄付者に謝辞を述べ、閉会となりました。

カレン・コレマツ女史
プロフィール

カレン・コレマツ女史は、2005年の父フッレド・コレマツ氏の死去後、コレマツ氏の遺志を引き継ぎ、公民権運動の活動家として、小学校から大学、法律関係の学校や場所で講演してきました。そして、カレンさんの尽力で、2011年カルフォルニア州に州の"Fred Korematsu Day of Civil Liberties and Constitution"を1月30日に制定、その後、ハワイ、ヴァジニア、フロリダ、そして、今年ニューヨーク市に制定されました。カレン・コレマツ女史は、彼女の活動に対して、多くの賞を受賞しています。

2018 48th JAA General Scholarship Committee
Co-Chairpersons:
Kazuhiro Gomi, Satoru Murase
Members: Yoroku Adachi, Yuzuru Anzai, Yuki Kaneshige, Susan J. Onuma, Katsuo Takeda

2018 12th JAA Honjo Scholarship Committee
Chairperson: Gary S. Moriwaki
Members: Kazuhiro Gomi, Makoto Iwahara, Frederick Katayama, Satoru Murase, Susan J. Onuma,
Katsuo Takeda

2018 Annual JAA Scholarship Dinner Benefactors
Benefactors

Gold Sponsor: ITO EN (North America) Inc
Silver Sponsors: Ingram Yuzek Gainen Carroll Bertolotti LLP
J.C. C. Fund of the Japanese Chamber of Commerce and Industry in New York
Japanese Medical Society of America
Gary S. Moriwaki
Hiroko & Satoru Murase
NTT America, Inc.

48th JAA Scholarship Awardees (for graduating high school students)

  • Dr. Soji Tomikawa Scholarship
    ($10,000 plus Round Trip Air Ticket to Japan, courtesy of All Nippon Airways)  
    Minori Aoki 青木みのり U.C. Berkeley
  • JAA Murase Scholarship ($7,500)
    Zakiyy Morgan ザッキー・モーガン Cornell University
  • Delta Air Lines Scholarship($5,000 plus Round Trip Air Ticket to Japan, courtesy of Delta Air Lines)
    Taiyo Myrthil  マーティル渡辺太陽 Stanford University
  • MUFG Scholarship ($5,000)
    Genki J. Ono 小野元気  Yale University
  • John & Miyoko Davey Scholarship ($5,000) x5
    Mizuki Hayakawa 早川澪美  the Juilliard School
    Shuzo Katayama 片山修造 Amherst College
    Naotaka Kinoshita 木下直隆 Cornell University – College of Agriculture and Life Sciences (CALS), with a major in Biometry and Statistics
    Makoto J. Okamoto 岡本真実 Rutgers University School of Engineering
    William Makoto Quinn ウイリアム・マコト・クイン Northwestern University
  • Haruo Ito Scholarship ($5,000)
    Hanna Iruka Hall ホール稲田イルカ帆南 Yale University
  • Tatsuji Namba Scholarship ($5,000)
    Elliot Ichiro Kodama Urgentアージェント・エリオット Brown University
  • Orient Corporation of America Scholarship ($3,500)
    Ayuko April Ichikawa 市川エープリル亜由子 Binghamton University
  • Toyota Scholarship ($3,000)
    Lisa Cynthia Nagahama 長浜シンシア理沙 Tufts University
  • TV Japan Scholarship ($3,000)
    Nami Camellia Nitta 新田カメリア七海 Georgetown University
  • Ambassador Shinichi Nishimiya Scholarship ($3,000)
    Sara Yoshida Baldwin ボールドウィン吉田サラBinghamton University
  • ANA Japan Travel Scholarship ($1,000 plus Round Trip Air Ticket to Japan, courtesy of All Nippon Airways)
    Carolyn Miu David デビット美羽キャロリン Lehigh University

    12th JAA Honjo Scholarships Awardees (for graduate students)
  • Hyoseak Stephen Choi ($9,000)
    Stephen Choi is a PH D candidate in the Department of East Asian Languages and Culture at Columbia University. He is researching the role of children's literature in shaping modern Japanese society and culture. The title of his Master's thesis is "Losing the War, Winning the Pooh."
  • Yoka Tomita ($9,000)
    Columbia's School of Public Health and is a doctoral candidate there.
    Her interest is in end of life issues, dying with dignity and how that topic has been addressed by Americans and by Japanese. She hopes to be a cross cultural educator in this important field.
  • Shoko Hirose ($6,000)
    Shoko Hirose is working towards her Masters at Teachers College, Columbia University. Her studies focus on diversity in the workplace: how a business enterprise benefits from diversity and how best to implement effective strategies to foster diversity.
  • Xochitl Honoria Romo ($3,000)
    Xochitl Honoria Romo is attending Columbia Law School, where she will concentrate on preparing herself to be an advocate for women's rights, children's rights, and promoting mental health awareness in a cross cultural setting.
  • Sophie May Kikue Spiegel ($3,000)
    Sophie Spiegel has been inspired on many fronts to work on behalf of the Japanese and Japanese American community and is working towards her Masters in Social Work at New York University. She has a particular interest in how adoption is viewed by society in the United States and in Japan.


  • 高齢者問題協議会
    第10回サクラ・ヘルス・フェア
    50のプログラムに1600人が参加
    ライオンズクラブ:
    添田慎吾獣医のペットのお話
    医師会主催の
    Science Forum Kids
    羽山さんの帰国を
    考えている方へのアドバイス
    SHARE アメリカの医療システム
    加藤恵子弁護士と長谷川久美子公認会計士の
    移民法と税法
    BC ネットワーク
    乳がんシンポジウム
    井上昌子先生の親と子のリトミック
    春らしいヘアカット
    生け花デモンストレーション
    アップルキッズ主催ロバート・リム先生と
    親子で歯の勉強
    裏千家茶道体験
    教育講演会バーンズ静子さん
    弓削容子看護師による在宅介護事情
    英語で認知症講座
     

    JAAは邦人医療支援ネットワーク(通称JAMSNET・ジャムズネット)共催、在NY日本国総領事館の後援を得て4月6日から4月29日まで、第10回サクラ・ヘルスフェア「さくらと文化と健康:みんなで楽しく学びましょう!」をテーマとして、全ての年齢層を対象にして開催しました。50のプログラムに1600人が参加しました。今年も、米国日本人医師会主催の「New York Life Science Forum Kids 2018」は子供たちが研究者と一緒に実験を行い、サイエンスに興味を持ってもらう目的で開催、2部制にして60人の子供と保護者で会場は、熱気に包まれていました。そして、帰国を考えている方へのアドバイス、移民法と税法、在宅介護の現状、米国の医療システム、さくらと日本人の心や、ディスカバー青森イン・ニューヨーク等のプログラムに多くの方が参加されました。

    (シニア・ウイーク改め)
    第12回秋のヘルス・フェア
    企画提供者募集中


    秋のヘルス・フェアとして、9月8日(土)から10月7日(日)まで、JAAホールを中心に開催します。「健康で、安心したニューヨークライフを送るために」をテーマに、従来通りの日米の高齢者福祉の情報、年金や遺言、介護、認知症の予防やエクソサイドや、書道や華道、健康で子供から大人まで楽しめる企画を予定しています。企画提供者受付中です。
    ★第25回JAAチャリティーゴルフ大会

    10月1日(月)
    今年で25回目となる恒例のJAAチャリティーゴルフ大会を10月1(月)Harbor Links Golf Course North Hempstead New Yorkで開催します。全日空 ビジネスクラスNY-東京往復航空券を始め豪華賞品が当たります。参加費$270 (内$100税控除)

    ★JAA 111周年記念晩餐会


    11月30日(金)
    11月30日(金)Harvard Club で開催します。詳細は決まり次第、ご連絡致します。

    ニューヨークで活躍する
    日本人・日系人美術家展覧会
    作家32人、59作品展示


    Photos by Masao Katagami
    今年で23回目となる「ニューヨークで活躍する日本人・日系人美術展」を、後援:在ニューヨーク日本国総領事館、ニューヨーク日本商工会議所、日本クラブ、週刊NY生活、よみタイムで、5月3日から18日までJAAホールで開催しました。今回は5月12日までの予定でしたが、多くの希望があり、18日まで延期しました。

    5月3日のオープニング・レセプションは、竹田勝男JAA副会長と石塚勇人NY総領事館領事部長の挨拶で始まりました。出展作家など約200人以上の方が参加され、ホールはいっぱいとなりました。今年は32人の作家、59作品を展示致しました。
    出展作家:青野セクウォイア、ジャスティン・ボールウィン、ジョージ広瀬、百田和子、市村しげの、井口雄樹、飯塚国雄、、キノ・マホ, 三浦良一、宮森敬子、森本洋充、森本和也、森戸泰光、本宮陽子、永野みき、野田正明、岡田桂、岡本泰彰、小野知美、作山o治、皿井まゆみ、佐々木健二郎、佐藤正明、澤野水纓、篠原乃り子、篠原有司男、瀧澤昌樹、竹田あけみ、寺田真由美、渡辺啓子、セツ子・ウインチェスター、依田順子、依田寿久 (以上32人)

    レセプションの美味しい料理はボランティア(白川理恵、笠間芙美子、服部利枝、青野光、清水広子、中西慶子)が心を込めて作りました。7作品をお買い上げ下さいました方々:加藤静子、河本靖子、コーン千津子、スーザン大沼、大隅玲子、佐々木洋子、竹田勝男。会場ボランティア:青野栄子、加藤静子、佐々木洋子(敬称略)
    ご支援ありがとうございました。

    メモリアルデー日本人墓地墓参会
    先人称え、平和貢献を誓う

    雲空の5月28日のメモリアル・デーに、クイーンズ地区マウント・オリヴェット日本人墓地で恒例の墓参会が行われました。阿部康次在ニューヨーク総領事館首席領事、竹田勝男JAA副会長、JAA、仏教会(アール池田和尚)、日米合同教会(伊与田昭夫牧師)、日系ライオンズクラブ(相田道治会長)の会員、第2次大戦に参戦したカズ・ヤマグチさん(MIS部隊)とベトナム戦争に参戦したスタンリー・カンザキさん、そして、ニューヨーク日本人学校(小島昇校長)とニューヨーク育英学園(岡本徹校長)の教師、父母、児童の皆さん約100人が参列してしました。ニューヨーク日本人学校は1978年から、今年で40回目の墓参会には小島昇校長を始め、教師児童生徒59名が参列しました。

    竹田勝男JAA副会長の司会で、アール池田NY仏教会住職の読経と伊与田昭夫牧師のサービスのなか、全員で献花。阿部康次首席領事は、この日本人墓地購入の経緯と先駆者への感謝の意を述べ、小島昇ニューヨーク日本人学校校長は、今ここに参列している児童生徒から日米の懸け橋になり、世界平和に貢献する生徒が多く出ることを期待していると話されました。岡本徹育英学園園長は1900年初頭のニューヨークの日本人社会を築いた高峰譲吉氏や高見豊彦氏の偉業を称え、今米国で日本人が平和に生活できるのは、彼らの働きが大きいことを話されました。

    墓参会の前日雨の中、JAAと日系ライオンズクラブの皆さんが墓地を掃除され、育英学園の児童が作成した日米の国旗を飾りました。今年も、日系人、仏教会、日米合同教会、在ニューヨーク日本国総領事館、日本クラブ、ニューヨーク日本商工会議所、日系ライオンズ・クラブ、米国医師会/JAMSNETからの花輪が供えられました。

    第33回JAA外務大臣杯軟式野球大会
    (6月24日までの報告)

    4月29日の開幕日も雨でキャンセルとなり、今回は6月24日まで5週試合が出来ました。今年は16チームががエントリーしました。リーグ戦・交流戦が7月一杯まで予定されています。そしてA・Bブロックの各4位までの8チームがプレイオフ(8月・決勝トーナメント)に進出です。球場はセントラルパークNorth Meadow とRandall's Island で日曜日の朝試合が行われています。リーグ戦も中盤戦に突入し、Aブロックは昨年の優勝チームニコニコが5連勝、2位ダンボーズ、3位ハマっ子。Bブロックは、強豪揃いの中、古株のじゃんくすが5連勝、2位はビーズ、3位ブラックヤンキーズとなっています。
    詳細はwww.jaabaseball.blogspot.com 又は www.Facebook.com/jaabaseballをご覧ください。

    第12回ジャパンデー参加
    書道教室に1400人!


    5月13日の母の日に毎年開催される「ジャパンデー@ セントラルパーク」に、今年もJAA書道教室が参加しました。終日雨だった書道テントには、悪天候にもかかわらず、1400人の方が日本語、書道を楽しみました。皆さん、母の日、お母さんありがとう等の短冊を嬉しそうに眺め、写真を撮っていました。雨で寒い中、終日筆を取っていました書道クラスの皆さん、お疲れ様でした!JAA書道教室の石塚由里、李智子、今泉敦子、石塚綾子、富沢完二、上原理恵子、鈴木奈美恵、真田真知子、服部利枝、オルセン千香子、盛一環、上野栄里子、百合素子と野田美知代がボランティアをしました。

    Asian American Heritage Month Festival

    5月20日、JAAは、日系市民協会(JACL)、HAA、JANM、ジャパン・ソサエティ等の団体と共にチャイナタウンで行われたCoalition of Asian Pacific American/CAPA39回のアジア系の文化の多様性を紹介する祭りに参加し、新聞の「かぶと」作りや各団体のプログラムの紹介を行いました。JAAからは、ジュリー東さん、ジョージ広瀬(JACL会長)さん、金重由紀さん、スーザン・ハマカーさん、折り紙ソサエティーの小林利子さんらが参加しました。 コーナーには伊藤園とサンライズマートからの寄付が届きました。ありがとうございました。

    Volunteers at "KidZone"


    ボランティアwalking/running guides at annual Achilles Hope & Possibility race
    at Central Park
    6月24日の朝、領事館、JAA、補習校同窓会、米日カウンシルのメンバーは、セントラルパークで開催のレースに参加の障がいのあるランナーのガイドとしてボランティアをしました。竹田勝男さん、八木さくらさん、スザンナ岡田さん、デビット広村さん、お疲れ様でした!
    For information on Achilles' other volunteer opportunities (especially their weekly Tuesday evening and Saturday morning practices), please visit their site: https://www.achillesinternational.org/nyc-chapter

    ニューヨークおよび近郊に在住の
    日本人・日系人の高齢化に関する調査を行います!


    7月中旬に、勇美記念財団の研究助成(研究代表者:遠山(金本)伊津子(桃山学院大学大学院・教授)、研究テーマ「在ニューヨークの日本人・日系人の高齢化に関する意識調査―在宅介護の在り方を探る―」)を受け、ニューヨーク、ニュージャージ、コネチカット、ペンシルバニアにお住まいになっている日本人・日系人の高齢者並びに将来高齢者となられる皆様が、高齢期に対しどのような意識をお持ちか、どのような老後を望んでおられるのかを把握するための調査を行います。ご協力をお願い致します。

    JAAビジネスウーマンの会(JWB)


    ■5月7日
    5月の講演会と交流会は香純恭さん、殺陣波濤流NY代表・プロヂューサーを迎えて行いました。香純さんプロデュース作「First Samurai in New York」がBest Fight-Weapons賞などを受賞。本格道場をNYに開設した経緯のお話しやモデレーターの津山恵子さんと殺陣の披露を行いました。


    ■6月11日
    6月の講演会と交流会は、作家の黒部エリさんを招いて行いました。モデレーターのAKさんと黒部さんのユーモラスな対談で、日本では少女小説を30冊を出した人気作家であり、現在、ニューヨークで黒部エリぞうのニューヨーク通信や雑誌でいかに情報発信しているかを話されました。そして、「人を惹きつける文書のコツ・10箇条」を解説、120人の参加者は熱心にメモを取りながら、聞き入っていました。

    ドキュメンタリー上映会
    award winning "A BITTER LEGACY "


    6月13日、JAAホールにて、クラウディア・カタヤナギ監督の第2次世界大戦時の12万人の日本人・日系人強制収容のなかでも、トラブルメーカーとして隔離したプリズンの実態「Stolen Civil Righ」のドキュメンタリーを上映しました。カタヤナギ監督はもっと多くの方に、事実を伝えたいと話していました。参加者も知らない事実を知ることが出来て良かったと話していました。

    民舞座25周年記念公演
    JAAの桜まつりで花笠音頭パレードを率いる鈴木百さん主宰の民舞座が今年で25周年を迎え、記念公演「 the Festival of Japan Drums + Dance」を4月14日、Abrons Arts Center Playhouse Theaterで開催しました。
    今泉豊助六太鼓と千葉勝弘社中津軽三味線・津軽踊りがゲスト出演して、25周年記念公演を盛り上げました。会場は満員で、最後の挨拶に立った鈴木百さんと出演者に大きな拍手がなり響きました。鈴木百さんは山形で6歳から藤間流日本舞踊を学び、東京に移転してから民踊を学び、民踊の先生をしていました。1983年渡米後、多くのパーフォーマンスをして、1992年、Japanese Folk Dance Institute of New York を設立、いろいろな場所で民踊を通して、日本の文化紹介をしてきました。おめでとうございます。

    伊藤リキさん
    2nd Vice District Governorに選出


    JAA副会長の伊藤リキさんが、インターナショナル・ニューヨークライオンズクラブ、New York State and Bermuda Convention で 2nd Vice District Governor for District 20-R2 に選ばれました。任期は7月1日から3年契約です。日本人初のGovernorです。おめでとうございます。



    ■4月の敬老会
    ●4月19日
    第10回サクラ・ヘルス・フェアの一環として春の敬老会を行いました。メニューは「お花見弁当―ちらし寿司」。

    MCの伊藤リキさんと
    4月のお誕生日の皆さん

    ■5月の敬老会
    ●5月10日と24日に開催
    24日の敬老会にはニューヨーク仏教会のアール池田和尚の法話がありました。みんなとハワイアンを楽しみました。

    5月のお誕生日の皆さん

    アール池田和尚

    ■6月の敬老会
    ●6月14日と28日に開催
    14日はシンガーの中野成将さんとIWAKI Bandの共演で楽しい演奏会になりました。また、日本から飯塚国男さんのご子息が訪問中で、父と息子のデュエットもほのぼのして良かったです。
    参加者は毎回IWAKI BANDの演奏を楽しみにしています。岩城さんとメンバーのみなさん、ありがとうございます。そして、伊藤リキさんが敬老会の司会を始めました。よろしくお願いします。

    6月のお誕生日の皆さん

    IWAKI Bandの皆さんとシンガーの
    シゲ中野さんと飯塚レオさん



    ●会員の高喜美代さんが4月7日、心臓発作で死去。享年85歳。
    ●会員のSusan Sterquelleさんが6月8日、肺炎のため死去。享年88歳。台湾生まれのスーザンは敬老会に来ることが楽しみでした。
    ●元理事多田年輝さんが6月27日、ロングアイランドのナーシングホームで死去。享年82歳。多田さんは1994年から昨年の2017年までJAAの理事を務めていました。葬式・メモリアルサービスは未定。
    ご冥福をお祈りいたします。

    第59回海外日系人大会と
    ハワイ元年者150周年記念式典に参加して
    野田美知代


    6月6日と7日、ハワイのワイキキ・シェラトンで開催された「第59回海外日系人大会とハワイ元年者150周年記念式典」へ出席しました。海外日系人大会は、1957年、敗戦の日本をララ物資等として支援くださった海外の日系人・日本人の同胞愛に感謝を示して、皇室のご臨席の下、毎年開催されています。今年で59回目を迎え、15カ国から300人が参加。今回のテーマは「世界の日系レガシー(遺産)を未来の基礎に〜ハワイ元年者150年を祝って〜」。

    まず海外日系人大会が6月6日に秋篠宮殿下ご夫妻のご臨席のもと、開催されました。秋篠宮様は、「世界各地の日系社会と日本を結ぶ絆が深まり、各方面で貢献されることを祈っています」とご挨拶されました。世界各地域から参加した日系人の150年の歩みと提言があり、その中で、福島県大玉村から契約移民として、1917年ペルーに渡り、マチュピチュの鉄道建設に加わり、村の発展に貢献し、初代村長の野内与吉氏(1895-1969)の業績を孫の野内セサル良郎さんが発表。セサル良郎さんは、現在、野内与吉資料館を故郷大玉村に開設、マチュピチュの子供の教育支援を行っています。

    6月7日も朝9時から午後4時まで、ハワイ元年者150周年記念式典とシンポジウムが行われました。元年者とは、江戸から明治になる明治元年、1868年にハワイに最初に渡った日本人。当時のハワイ王国がサトウキビ畑の動労者を3年間契、1ヶ月4ドルで雇いたいと江戸幕府に申請、江戸から明治となり、150人が最初にハワイへ渡りましたが、内50人が、現地人等と結婚し移住しました。その子孫6、7世が壇上で、尊敬の念と誇りを持って心境を語りました。当時の労働者の心を歌った「ほれほれ節」も披露。ハワイ大学のデニス小川教授は、「元年者に続き多くの日本人が契約動労者としてハワイに渡りましたが、その20パーセントしか日本に帰国せず、アメリカ本土などに渡り、今の米国での日系社会を築いていった」と話しました。

    アイリーン・ヒラノ・イノウエ氏、president of U. S.-Japan Councilの基調講演に続き、午後のシンポジウムでは、アケミ・キムラ・ヤノ氏、former president & CEO of the Japanese American National Museumが日系人の歴史について話しました。日本の真珠湾攻撃後のアメリカ本土の12万人の日系人・日本人は強制収容所とハワイの日系人の違いと、その後日系社会の歴史を話されました。ハワイの日系人の人口は全体の40パーセント。約2000人の指導者が強制収容されましたが、元年者から75年、それまで築きあげたハワイでの日系人社会の友好と信頼関係で、一般の人々は収容されませんでした。

    また、ハワイ移民150年の歴史資料館もある日本文化センターと元年者慰霊碑のある日本人墓地を訪問しました。

    このハワイ訪問を通し、111年続くニューヨーク日系人会の今後の在り方を考えさせられました。まず創立111年にしては、 歴史の資料が少ないことを痛感。今後、資料の整理と収集に力をいれて、ニューヨークの諸先輩のレガシーを、いかにコミュニティーに残し、伝えるべきだと思いました。家にある古いニューヨークでの写真はその時代を生きた方々の歴史と一緒にJAAへご寄付下さい!

    今、ニューヨークに生きているあなたの記録も大切です。