第47回JAA奨学金・第11回本庄奨学金
授与晩餐会開催
パウロス芸術監督から授与者ヘ


6月6日午後6時から、市内ハーバードクラブで第47回JAA奨学金・第11回本庄奨学金授与晩餐会を開催しました。キーノートスピーカーに、ハーバード大学のAmerican Repertory Theater the Terrie and Bradley Bloomの芸術監督ダイアン・パウロスさんを迎え、来賓には橋礼一郎在NY日本総領事夫妻、川村泰久国連大使夫妻、南博国連大使、次期三菱東京UFJ銀行頭取の三毛兼承MUFGユニオンバンク会長と後任の宮地正人氏、ニューヨークメッツやロッテ・マリンズ元監督のボビー・バレンタイン氏、三菱インターナショナルのジェイソン・スティーブン社長、五味和洋NTTアメリカ社長、功刀秀記ANA米州総支配人を迎え、授与者、受賞者とその家族、JAA会員など130人が参加しました。

晩餐会は、佐藤貢司JAA奨学金制度委員会Co委員長の司会で、スーザン大沼会長の歓迎の挨拶、橋大使の祝辞で始まり、ダイアン・パウロスさんによる基調講演が行われました。2013年にミュージカル「ピピン(Pippin)」でトニー賞のベストディレクター賞を受賞、現在Waitressを手掛けているダイアンさんは、日本人のお母様とアメリカ人のお父様のお話しから、演出家としての体験を通して、受賞者へリスクを恐れず行うことの大切さを話されました。講演後、参加者全員からStanding Ovation を受けました。素晴らしい講演でした。

食後は、この秋から大学に進学する10人の学生に総額4万3500ドルの奨学金と3枚の航空券(ANA日本往復航空券2枚、デルタ日本往復航空券)が、そして、5人の大学院生には本庄国際奨学財団より総額3万ドルの奨学金が授与されました。村瀬賞は1992年村瀬二郎氏(1996〜98年JAA会長)により設立され、現在村瀬悟JAA副会長に継がれ、今年で25年目となりました。ご支援ありがとうございます。

受賞者を代表して、JAA村瀬賞を受賞した稲葉美香子さんと本庄賞を受賞した小林かおるさんが将来への抱負と感謝の気持ちを述べました。小林さんは日本から渡米、コミュニティーカレッジからプリンストン大学の東アジア研究所博士課程に進学した努力家です。

最後にジュリー・アズマJAA奨学金制度委員会Co委員長が、来賓、寄付者に謝辞を述べ、閉会となりました。
今年の基調講演のダイアン・パウロスさんの略歴や受賞者、式典後援団体・個人リストは以下をご参照ください。

47 th JAA Scholarship 第47回JAA奨学金受賞者
(for graduating high school students)


(1) JAA Murase Scholarship
($10,000, plus Round Trip Air Ticket to Japan, courtesy of All Nippon Airways)

Mikako Rose Inaba 稲葉三香子 Princeton University

(2) Delta Air Lines Scholarship
($5,000, plus Round Trip Air Ticket to Japan, courtesy of Delta Air Lines)

Caroline Miyake Lin 林・三宅キャロライン Columbia University

(3) MUFG Scholarship MUFG賞($5,000)
Miyu Ono 大野美夢 
The University of Pennsylvania, Jerome Fisher Management & Technology Program

(4) Dr. Soji Tomikawa Scholarship ($5,000)  
Miki Olivia Hansen ハンセン美紀 Massachusetts Institute of Technology (MIT)

(5) Dr. Soji Tomikawa Scholarship($5,000)
Beth Rieko Rose Awano 粟野べス Wellesley College

(6) Orient Corp. of America Scholarship($3,500)
Minna Kimura-Thollander 木村美奈 Brown University

(7) Toyota Scholarship ($3,000)
Reina Ashizawa 芦沢玲奈 Tufts University

(8) TV Japan Scholarship ($3,000)
Kiyana Jacqueline Marsh マーシュ喜弥奈 Fordham University

(9) Ambassador Shinichi Nishimiya Scholarship($3,000)
Leo Hashikura 端倉玲央 Ramapo College

(10) ANA Japan Travel Scholarship
($1,000, plus Round Trip Air Ticket to Japan, courtesy of All Nippon Airways)
Fumika Ando 安藤文華 Trinity College

11th JAA Honjo Scholarships Awardees 第11回本庄奨学金受賞者
(for graduate students)


  • Kaoru Hayashi ($7,000)
    Princeton University, doctoral program in East Asian Studies

  • Janet Haruko Kanzawa ($7,000)
    Columbia University Law School

  • Lisa Matsue ($6,000)
    Fordham University School of Law

  • Arnaud Jurrian van der Meer ($5,000)
    Columbia University, Department of East Asian Languages and Cultures,
    doctoral studies in Japanese Literature

  • Oliver Harry White ($5,000)
    Columbia University, Department of East Asian Languages and Cultures,
    doctoral studies in Japanese Literature

  • 2017 Annual JAA Scholarship Dinner Benefactors
    Gold Sponsor: ITO EN (North America) Inc
    Silver Sponsors: Ingram Yuzek Gainen Carroll Bertolotti LLP,
    J.C. C. Fund of the Japanese Chamber of Commerce and Industry in New York,
    Japanese Medical Society of America,
    Gary S. Moriwaki, Hiroko & Satoru Murase, Julie Azuma & Koji Sato

    2017 47th JAA General Scholarship Committee
    Co-Chairpersons: Julie Azuma and Koji Sato
    Members: Makoto Iwahara, Yuki Kaneshige, Frederick Katayama, Yumi Kuwana,
    Susan J. Onuma, Masaki Shimomura, Nozomi Terao

    2017 11th JAA Honjo Scholarship Committee
    Chairperson: Gary S. Moriwaki
    Members: Frederick Katayama, Satoru Murase, Susan J. Onuma,
    Suki Terada Ports, Katsuo Takeda

    ダイアン・パウロス芸術監督
    Diane Paulusはハーバード大学のAmerican Repertory Theatre(A.R.T.)のTerrie and Bradley Bloom芸術監督です。2014年TIME Magazineの世界で最も影響力のある100人の一人に選ばれ、2013年ミュージカル(ピピン)でトニー賞ベストディレクター賞を受賞。その他多くのミュージカル、オペラのディレクターをしています。現在、ブロードウエイでミュージカル"ウエイトレス"が公演中です。
    ダイアンは、ハーバード大学の英語科の劇場演習教授です。彼女はバラエティ誌の「2014年のエンターテインメントにおけるトレイルリング・ウーマン」とボストン・マガジンの「2014年の50人の思考リーダー」に選ばれました。

    JAA東日本大震災救援基金

    被災地の中学生野球チームが「ボビー・バレンタイン絆基金夏の野球キャンプ」として、ニューヨークを8月9日から19日まで訪問します。8月12日(土)、セントラルパークでJAAの野球チームと親善試合も行います。詳細は追って、ご案内します。応援してください!

    JAA熊本・大分地震支援基金
    JAAホールで支援イベント

    熊本・大分地震から一年、復興支援イベント・イン・ニューヨークをニューヨーク日系人会と昨年、九州の各県人会がこの復興支援イベントのために立ち上げた「九州の会」と、ニューヨークばってん会の共催で、5月20日(土)、JAAコミュニティーホールで開催しました。

    スキ・寺田・ポーツJAA副会長、近藤三奈九州の会代表の挨拶の後、野田美知代JAA事務局長が「熊本・大分地震あれから一年」と題して、写真を通しての一年とJAA九州地震支援基金の報告、南阿蘇からの元気に復興しているビデオメッセージを紹介しました。大分椎茸を使った椎茸の南蛮煮、西郷どん味噌を使っただんご汁、からしレンコン、焼き鳥、鶏飯、蕨もちなど九州の伝統的な郷土料理や九州の焼酎を味わい、浅沼里香子さんのピアノと多治比純子さんのバイオリンで五木の子守歌、滝廉太郎の花、ふるさとなどをたのしみました。別府椎茸組合からの寄付「やまよしのどんこ椎茸」、別府明礬温泉岡本屋の「湯ノ花」などの即売会もたちまちに売り切れました。約100人が集まり、和気あいあいの中、約2000ドルの募金が集まりました。


    第13回日系人会桜まつり 
    地域に根付いた祭りを


    All Photos by Masao Katagami
    晴天の4月15日(土)ソメイヨシノの花びらが舞う中、JAAとニューヨーク市共催の、第13回サクラ祭りがフラッシング・メドウ・コロナ・パークで開催されました。勇壮な僧太鼓の演奏で始まり、スーザン・ハマカーさんの司会で、スーザン大沼会長の歓迎の挨拶に続き、支援者の稲垣千枝子夫人、来賓の在NY日本国総領事橋礼一郎大使とフラッシング・メドウ・コロナパークの責任者ジェニカ・メルニックさんの挨拶がありました。ニューヨーク市 Comptroller Scott. M. StringerからPROCLAMATIONが届きました。

    JAA会員や地域住人が多数参加して、地域に根付いたサクラ桜祭りになっています。毎年楽しみにしています!と地域の方々からの声が聞かれました。今年は、JAAの110周年を記念して、二重サクラのクワンザンサクラの木を植樹しました。高木まりさんと田中智弥さんの指導指揮のJAAコーラスの美しい歌声、ニューヨーク沖縄クラブ/仁風会の三線歌、ジャパニーズ・フォークダンス・インスティテュート(主宰鈴木百)の民舞と花笠音頭パレードが華やかに繰り広げられました。サクラの木の下では裏千家の茶の湯―野点が行なわれました。参加者は、日本文化を楽しみました。

    今年もお弁当300個と出演者へのお礼代、5200ドルを稲垣千枝子夫人がご支援くださいました。その他、匿名1000ドルと 伊藤園からお茶の寄付がありました。ありがとうございました。

    今年のサクラ祭りは委員長:スーザン・ハマカーさん、アドバイザー:スキ・寺田・ポーツさん、ボランティア:形上将夫さん、青野栄子さん、中西慶子さん、今日子ハンターさん、ジャスミン・ウイルソンさん、ミヤ・ウイルソンさん、金重由紀さん、江田佳生里さん、ライオンズクラブのマイク相田さん三木伸夫さん、阿部ともこさんと野田美知代さんでした。

    第9回サクラ・ヘルス・フェア
    50のプログラム、およそ1600人が参加


    医師会主催 NY Life Science Forum Kids
    小野善郎先生の親と子の関係
    親と子のリトミック

    ライオンズクラブ
    春のオシャレは指先から講座
    シニアのヘアカット
    領事館主催 NYの安全対策懇話会
    寳船による阿波踊りワークショップ
     
    JAAは邦人医療支援ネットワーク(通称JAMSNET/ジャムズネット)共催、在NY日本国総領事館の後援を得て4月8日から5月1日まで、「さくらと文化と健康:みんなで楽しく学びましょう!」をテーマとして、全ての年齢層を対象にして、JAAホールを中心に開催しました。50のプログラムに1600人が参加しました。
    特に、領事館主催のNY安全対策懇話会には70人以上が参加し、NY市警防犯課のジョン・チアム刑事による映像を通しての犯罪方法とそれに対する防犯対策の説明を聞きました。
    そして、米国日本人医師会主催の「Life Science Forum Kids 2017」は、子供たちが研究者と一緒に実験を行いサイエンスに興味を持ってもらう目的で開催。2部制にして80人の子供と保護者で、会場は熱気に包まれていました。

    ニューヨークで活躍する日本人・日系人美術家展覧会
    新人4人、総勢33人参加


    画家篠原有司男(左)さんと作品、と篠原乃り子さん
    竹田さんのオープニングスピーチ
    (Photos by Masao Katagami)
    今年22回目となる「ニューヨークで活躍する日本人・日系人美術展」を、後援:在ニューヨーク日本国総領事館、ニューヨーク日本商工会議所、日本クラブ、週刊NY生活、よみタイムで、5月4日から13日までJAAホールで開催しました。5月4日のオープニング・レセプションは竹田勝男JAA副会長と石塚勇人NY総領事館領事部長の挨拶、ジョージ広瀬さんの作家紹介が行われました。出展作家など約150人でホールはいっぱいとなりました。
    今年は新人4人(ジャスティン・ボールウイン、百田和子、三浦良一、セツ子・ウインチェスター)が加わり33人の作家、63作品を展示しました。レセプションの美味しい料理はボランティアが心を込めて作りました。

    ▼出展作家
    青野セクウォイア、ジャスティン・ボールウィン*、ジョージ広瀬、百田和子*、市村しげの、井口雄樹、飯塚国雄、、キノ・マホ, 久保田玲奈、三浦良一*、宮森敬子、森本洋充、森本和也、森戸泰光、本宮陽子、永野みき、野田正明、岡田桂、岡本泰彰、小野知美、作山o治、皿井まゆみ、佐々木健二郎、佐藤正明、澤野水纓、篠原乃り子、篠原有司男、瀧澤昌樹、竹田あけみ、寺田真由美、渡辺啓子、セツ子・ウインチェスター*、依田順子、依田寿久(33人・新人* )

    ▼お買い上げ頂いた方々:
    加藤静子、松本かよ、本井慶次郎、大隅玲子、崎須賀恭子、佐々木洋子、許美和子

    ▼ボランティア:
    白川理恵、笠間芙美子、ハンター今日子、服部利枝、青野光、清水広子、青野栄子、加藤静子、佐々木洋子(敬称略)
    ご支援ありがとうございました。美術展委員長は野田美知代事務局長、委員:ジョージ広瀬、百田和子、永野みき、皿井まゆみ、渡辺敬子

    第32回JAA外務大臣杯軟式野球大会
    17チームがエントリー


    軟式野球大会(NY夏の風物史)便りです!
    4月30日(日)開幕から第6週目となります。昨年と同じ17チーム(290名)がエントリーです。リーグ戦・交流戦が7月一杯まで予定されています。そしてA・Bブロックの各4位までの8チームがプレイオフ(8月・決勝トーナメント)に進出です。
    球場はセントラルパーク・ノースメドウで午前8時から正午に2試合と、ランドールズ・アイランドで午前7時から11時に5試合が行われています。
    リーグ戦も中盤戦に突入し、昨年度の優勝チーム「ラジエーターズ(Dr. カマール・ラマニ監督)」が、負けなしの3勝でニコニコと並びA組のトップ、B組は「ジャンクス」が3勝1敗で首位をキープしています。
    試合結果(写真・成績)はブログやFacebook 等で観る事ができます。
    jaabaseball.blogspot.com
    Facebook.com/jaabaseball
    今からでも、野球をしたい方、サポーターとして草野球を楽しみたい方は、事務局にご連絡ください。歓迎します!
    加藤脩治(大会委員長)

    メモリアルデー日本人墓地墓参会
    先人称え、平和貢献を誓う


    前夜からの雨の中、5月29日のメモリアル・デーに、クイーンズ地区マウント・オリヴェットの日本人墓地で恒例の墓参会が、橋礼一郎在ニューヨーク総領事ご夫妻、スーザン大沼JAA会長、第2次大戦に参戦したカズ・ヤマグチさん(MIS部隊)、仏教会、日米合同教会、日系ライオンズクラブ、ニューヨーク日本人学校とNY育英学園の教師、父母、児童の皆さん、そして竹田勝男JAA副会長とJAA会員約100人が参列して開催しました。ニューヨーク日本人学校は今年で39回目の参加となりました。

    竹田勝男JAA副会長の司会で、アール池田NY仏教会住職の読経と高橋カズ牧師のサービスのなか、全員で献花。スーザン大沼会長と橋礼一郎大使は、この日本人墓地購入の経緯と先駆者への感謝の意を述べ、4月に就任した小島昇ニューヨーク日本人学校校長は、今ここに参列している児童生徒から日米の懸け橋になり、世界平和に貢献する生徒が多く出ることを期待していると話されました。岡本徹育英学園園長は日系二世部隊442の偉業を称え、今米国で日本人が平和に生活できるのは、彼らの働きが大きいことを話されました。三木伸夫日系ライオンズクラブ会長の挨拶が続きました。

    JAAと日系ライオンズクラブの皆さんの掃除後、育英学園の児童が作成した日米の国旗が並ぶ先達の墓前に、今年も、日系人、仏教会、日米合同教会、在ニューヨーク日本国総領事館、日本クラブ、ニューヨーク日本商工会議所、日系ライオンズ・クラブ、米国医師会/JAMSNETからの花輪が供えられました。

    第11回ジャパンデー参加 
    書道教室、大賑わい!


    5月14日、母の日に開催された第11回Japan Day @ Central Parkに、今年もJAA書道教室が参加しました。
    書道テントは終日にぎわい1800人の方が日本語、書道を楽しみました。皆さん、母の日、お母さんありがとう等の短冊を嬉しそうに眺め写真を撮っていました。終日筆を取っていました書道クラスの皆さん、お疲れ様でした。JAA書道教室の石塚由里、李智子、今泉敦子、石塚綾子、富沢完二、上原理恵子、鈴木奈美恵、小林桂子、真田真知子、楢崎真理子、服部利枝、オルセン千香子、堀内守正、ダリア・レマス、ハーディ.由美子、川路はると加藤脩冶、野田美知代、ラガーディア高校の学生がボランティアをしました。
    ありがとうございました。(敬称略)

    アキレス・インターナショナル
    1.5マイル・ウォーク


    6月25日朝、セントラル・パークで領事館とJAA ボランティアのメンバーは、障害のあるランナーを応援しました。

    JAA/補習校卒業生の会共催
    ヤングプロフェッショナル・ネットワーキングの夕べ


    6月27日(火)午後6時半から、FLORA BAR に70人が集まりました!次回も予定しています。会員のお子様にもお声をおかけください。JAAでは、次世代のネットワークを作りたいと思っています。

    春の日本語研修会
    「地域に基づいた教育を」


    4月29日、春の日本語研修会が26人の参加者を迎えて行われました。今回のテーマは「地域に基づいた探求型日本教育」、地域との関わりを広い視野から考える研修会となりました。午前中は、まずプリンストン大学の柴田智子先生の発表、学生がコミュニティーにある日本人学校、アジア美術館などで働いた経験、その指導法を話しました。次にニューヨーク大学の野仲香代先生、黒河和恵先生、松本真由美先生が、レベル別にニューヨーク市内の日本の情報をとりいれていて、その授業内容、アンケートの結果を発表しました。午後は国連国際学校の津田和男先生が、学生の論文を指導するにあたり、その過程を説明し、学生が地域、国際社会での自分の位置を考える事の大切さを話しました。ニューヨークは豊富な情報に恵まれている事もあり、教室以外の日本語教育の意味を再認識する事が出来ました。
    (小玉修子)

    多様なアジア文化紹介
    Asian American Heritage Month Festival



    5月21日、JAAは、日系市民協会(JACL)やジャパン・ソサエティ等の団体と共にチャイナタウンで行われたアジア系の文化の多様性を紹介する祭りに参加しました。今年も様々なアジアの食べ物や文化、パーフォーマンスなどが披露されました。JAAは新聞の「かぶと」作りや各団体のプログラムの紹介を行いました。JAAからは、スーザン大沼会長、ゲリー森脇名誉会長、ジュリー東副会長、ジョージ広瀬(jaabaseball.blogspot.com 会長)、金重由紀、スーザン・ハマカー理事、ジャパン・ソサエティからは櫻井本篤会長、Kimberly Woodwardさんが参加しました。このイベントを主催したCoalition of Asian Pacific AmericansのVirginia Myungさんに感謝の意を表します。

    (シニア・ウイーク改め)
    第11回秋のヘルス・フェア
    企画提供者募集中


    今年から「秋のヘルス・フェア」として、9月9日から10月1日まで、JAAホールを中心に開催します。「健康で、安心したニューヨークライフを送るために」をテーマ―に、従来通りの日米の高齢者福祉の情報、年金や遺言等、認知症の予防や健康維持方法、落語、書道、華道などの文化活動もあり、そして、健康で子供から大人まで楽しめる企画を予定しています。企画提供者受付中です。


    SAVE THE DATE!

    ★第24回JAAチャリティーゴルフ大会
    ■10月2日(月)

    今年で24回目となる恒例のJAAチャリティーゴルフ大会を10月2日(月)Haworth Country Clubで開催します。全日空 ビジネスクラスNY-東京往復航空券を始め豪華賞品が当たります。参加費$270 (内$100税控除)

    ★JAA 110周年記念晩餐会
    ■12月1日(金)

    12月1日(金)、Metropolitan Club(1 East 60th Street, NYC)で、マイストロ アラン・ギルバート氏をメインゲストに迎え開催します。ギルバート氏はニューヨークフィルハーモニックの指揮者であり、1987年のJAA音楽賞をヴァイオリンで受賞者しました。詳細は決まり次第、ご連絡致します。


    おしらせ

    スキ・ポーツさん
    NY州から表彰!

    ニューヨークのアジア系アメリカ人の歴史、誤解や誤ったステレオタイプを乗り越える生活や地域社改善への貢献をテーマにした展覧会「ニューヨークのアジア系アメリカ人:一緒に語り合う私たちの声」は、NY州都アルバ二のニューヨーク州議会議事堂の2階にで5月末まで展示されました。この写真展では、リーダーシップと市民参加、地域社会の健康、法律、高等教育、科学の分野に貢献したアジア系アメリカの5人が表彰され、その中に一人にスキ・寺田・ポーツJAA副会長が選ばれました。クオモ州知事は毎年5月を「アジアと太平洋諸島の月間」とすることを発表しました。
    おめでとうございます。

    JAA女性実業家の会
    名称を変更

    「JAA女性実業家の会」から「JAA ビジネスウーマンの会(JAA Women in Business)」(略称JWB)に名称が変わります。現在、新しいウェブサイト も作成中です。

    JAA会員近況
    JAA会員で米寿を越え、益々お元気な方のお誕生日のお知らせが届いています。
  • 伊藤治夫さんは4月15日105歳、15日市内北京ダックハウスでお祝いの会が開かれました。
  • 藤田芳江さんは2月2日97歳、イザベラと仏教会でお祝いの会が開かれました。
  • 稲垣千枝子さんは1月12日に90歳を迎え、3月4日マウント・富士でお祝いの会が開かれました。
  • 今年の1月6日に会員の荒川亜樹さんご夫妻に双子の赤ちゃんが生まれました。稜充(リョウスケ)君と煌充(コースケ)君です。おめでとうございます!
  • 長年のJAA会員であった大槻みちこさんが4月日本へ帰国しました。



  • 竹田氏(右)から大沼会長へ
    寄付が手渡されました
    寄付

    JAAは、NY全国県人会事務局から、5月20日に開催した「第12回全国県人会対抗チャリティー・ゴルフ大会(協賛:ユナイテッド航空、デルタ航空)」の収益金1000ドルを受け取りました。
    5月30日、全国県人会事務局を代表して竹田勝男氏が日系人会館を来訪、大沼JAA会長へチェックを手渡しました。東日本大震災への復興支援と熊本地震の復興支援が目的です。
    竹田氏は、「これからも大会を継続し、県人会同士の親睦を深める一助となり、日系人会を通して支援を続けて行きたい」と、その主旨と今後の抱負をお話になりました。
    ご支援、ありがとうございました。



    ■4月の敬老会
    ●4月20日

    第9回サクラ・ヘルス・フェアの一環として春の敬老会を行いました。メニューは「お花見弁当―ちらし寿司」ジャズピアニストのクニ・三上さんがデューク・エリントンについてお話しして、その後岩城さんのバイオリンと一緒にハーレム・ノクターンを演奏しました。Iwaki Band と一緒に、懐かしい歌を楽しみました。

    伊藤治夫さんと4月のお誕生日の皆さん
    ビルディングのロビー改修工事の為、5月・6月の敬老会をお休みしました。



    ■会員の山口千鶴子さんが娘さんのお住いのフロリダで死去。享年70歳。メモリアル・サービスは6月4日日曜日、NY仏教会アール池田住職のもと、JAAホールで100人以上が集まり最後のお別れ会をしました。日本語補習校の先生として親しまれ、そして、JAA書道教室に通い、昨年文化書道検定3段を取得しました。

    ■元会員の富田百合子さんは5月1日イザベラホームで死去。享年92歳。メモリアル・サービスは6月4日、日米合同教会で、橋カズ牧師のもと行われました。富田さんは繊維業界のジャーナリストとして、ニューヨークで活躍していました。

    ■元会員の坂本みどりさんはイザベラ・ハウスにて5月20日死去。5月21日の90歳の誕生日前日でした。
    ご冥福をお祈りいたします。