助け合って110年


 

ニューヨーク日系人会の歴史と活動

 

来年、ニューヨーク日系人会(通称日系人会/JAA)は、創立110周年を迎えます。この110年の間、時代は変わり、社会の変動のもと、活動内容も変化してきましたが、「非営利団体として、日本人・日系人コミュニティーの社会福祉・教育の充実と、相互扶助と日米親善の推進」という基本的精神は不変です。

 

終戦直後「日本救援準備委員会」を設立、46年「日本救援紐育委員会」を発足して、敗戦下の日本の窮状を救うべく「故国同胞を金品を以って支援す」を目的に、ララ (LARA-Licensed Agency for Relief in Asia) を通じて、295トンにも上る粉ミルクや粉卵、綿布などの物資を当時の価格で16万ドル相当分を5年間にわたって送り続けました。その後、日本の復興と共に、「祖国救援」から「当地在住日系人・日本人の福祉向上と相互扶助」へとその目的を移し、会の福祉対象は戦後に「東海岸地区に移住してきた戦時強制収用されていた日系人」および「ビジネス、学術研究などの目的で渡米した日本人」へと移りました。50年11月名称を「ニューヨーク日系人会」と改名しました。その後、既存していた紐育共済会(the Japanese American Welfare Society)を吸収、日米開戦で凍結されていた「紐育日本人会」の活動が米国政府により解除、「ニューヨーク日系人会」に引き継がれ、ニューヨーク地区の日系人・日本人社会を代表する唯一のボランティア活動・地域貢献を中心とした総合団体となり今日に至っています。 ニューヨーク日系人会は明治40年(1907年)医師・高見豊彦博士が「日本人墓地の購入と日本人の相互扶助」を訴え、設立した「日本人共済会」を基盤にしています。その後ニューヨークの日本人社会では在留邦人の公共機関の必要性から14年に高峰譲吉博士を会長として、高見豊彦博士も副会長の一人となり「紐育日本人会」を設立、「日本人共済会」を吸収合併し、41年の日米開戦で米国政府に解体・凍結されるまで、当地邦人の統一団体として活動してきました。

 

終戦直後「日本救援準備委員会」を設立、46年「日本救援紐育委員会」を発足して、敗戦下の日本の窮状を救うべく「故国同胞を金品を以って支援す」を目的に、ララ (LARA-Licensed Agency for Relief in Asia) を通じて、295トンにも上る粉ミルクや粉卵、綿布などの物資を当時の価格で16万ドル相当分を5年間にわたって送り続けました。その後、日本の復興と共に、「祖国救援」から「当地在住日系人・日本人の福祉向上と相互扶助」へとその目的を移し、戦後に「東海岸地区に移住してきた戦時強制収用されていた日系人」および「ビジネス、学術研究などの目的で渡米した日本人」へとサービスは移りました。50年11月名称を「ニューヨーク日系人会」と改名しました。その後、既存していた紐育共済会(the Japanese American Welfare Society)を吸収、日米開戦で凍結されていた「紐育日本人会」の活動が米国政府により解除、「ニューヨーク日系人会」に引き継がれ、ニューヨーク地区の日系人・日本人社会を代表する唯一のボランティア活動・地域貢献を中心とした総合団体となり今日に至っています。

 

2014年9月末、1994年から居た15 West 44th Street から、現在の49 West 45th Street, 11th Floor に移転しました。活動内容も、法律・健康・保険の無料相談、敬老会ランチや病床の方々にはランチデリバリーを始め、幼児を対象としたアップルキッズの会、各種文化教室、新渡米者への情報提供等の多岐にわたりサービスを行っています。さらにニューヨーク地域での日本人移住者歴史資料の整理保存、大学院、大学進学者への奨学金、音楽賞、地域活性化と日米親善のサクラ祭りなどを行っています。2005年には日本国総領事館および各種団体との協力でJAA日系人・邦人高齢者問題協議会を発足し、増加傾向にある日本人・日系人高齢者のニーズに対応にしています。2015年からはアジア人コミュニティーと協力して、NY州医療保険(Affordable Care ACT 通称オバマケアー)への加入申請や相談を2人の日本人ナビゲーターをJAAに置き、開始しました。

 

今後も、日本人・日系人コミュニティーの発展に寄与していきたいと思っております。